BLOGブログ

実戦に役立つ美容師 独立 物件探しマル秘情報!!

美容室 独立 2020.07.24 115

美容師が独立する上で知っておきたい物件についてのあれやこれ!!
 
まずはご自身の独立目的に『紐づいた』物件を探す必要があるのですが
その上でかなり、というより、 めちゃくちゃ大事な点があります。
 
 
それは その物件が『美容室として出店できる物件なのかどうか?
 
 
そりゃそうですよね、

どんなにいい条件だとしても、その物件が美容室として成り立たないようであれば意味がありません。
 
 
ただそこは素人の私達には分からない領域なので、最終的には内装業者に現地調査に入ってもらうのですが
 
まず内見申し込みの際下記の情報を事前に不動産屋さん、もしくは大家さんに調べてもらうことをお勧めします

そうすればある程度その物件が美容室として出店できるかどうかを判断できます。
↓↓↓↓↓

 
 
 
 
 

◯物件チェック事項

 
 
 

●ガスの有無

シャンプー2~3台で

16号2台~24号+16号がい

ける容量があるか。

 

ない場合は電気温水器を置くスペース、費用、が必要です。

 
 
●電気容量

 

電灯100V

セット面6台として、

50A~60Aあると丁度いいです。

 

動力200V(あると好ましい)

業務用エアコン3~5馬力1台で

30A~40A必要

 
 
●給排水(パイプの内径の太さ)

給水 20パイ~25パイの太さが欲しいです。

その下の13パイだと水圧が弱いのでタンクとポンプを置かなくてはならなくなる場合もあります。

 
 

排水 75パイ~100パイあると好ましいです。

トイレは大体75でシャンプーは最低50は欲しいです。

 
 
●給湯器、エアコン室外機の置き場所

 

なるべく近くに置けるほど施工費が安くなります。

給湯器が外に付けられない場合は室内用のやつになるので若干割高です。

 
 

●給湯器配管やエアコン配管での壁への穴あけが可能かどうか。

(既存の穴が使える場合はその位置と大きさの確認)

 
 
●サイン関係

取付可能箇所や電源の取り出し方など。

 
 
 
 
 

いかがでしょうか?
 
ちんぷんかんぷんですよね 笑
 
 
いいんです、ちんぷんかんぷんで
 
大事なのはこれらの情報を内装業者にお伝えする事。
 
業者は当然プロなのでこれらの情報があれば、現地調査に直接足を運ばなくてもある程度判断ができるわけです。
 
そうする事で内装業者に無駄足させることも減り、お互いのやりとりもよりスムーズになりますよ!
 
そう、あくまで 『ちゃんとした内装業者であれば』の話です。
 
 
内装業者選びも独立する上でかなり重要なポイントとなりますよ!
 
 
そのあたり、独立する上での不安材料を一つでも無くしたい方はぜひ『そこにしかない独立セミナー』にお越しくださいませ。
 
 
『適切な料金』で『素晴らしい仕事』をしてくれる内装業者をご紹介致します。
 
 
 
 
 
『そこにしかない独立セミナー』お問い合わせフォームはこちらから

 

 

現在オンラインによるセミナーも開催しております。

 

 

通常参加費¥3,300ですが、

 

 

新型コロナウイルスの影響を踏まえてワンコイン¥500で実施しております。

 

 

□セミナーへの参加、日程確認はこちらからご応募ください