BLOGブログ

独立美容師必見!!3つの独立パターンとは?

美容室 独立 2020.12.19 166

 

 

 

 

美容師の独立パターンは大きく分けて3つほどあります。

 

パターン①
マンツーマンサロン(職人型ビジネス)

 

パターン②
夫婦サロンでの独立(家業型ビジネス)

 

パターン③
スタッフ雇用(事業としての美容室経営)

 

 

 

 

 

パターン①マンツーマンサロン(職人型ビジネス)

失敗が少ない形態。

 

身体が資本となってきますので、最悪の事態も考慮しておく必要があります

 

 

 

 

パターン②夫婦サロンでの独立(家業型ビジネス)

高単価、高再来率が必須事項になってきます

そこにしかない価値をしっかりもち、ランニングコストはシビアに計算しましょう。

 

身体が資本となってきますので、最悪の事態も考慮しておく必要があります。

 

 

 

 

パターン③スタッフ雇用(事業としての美容室経営)

店舗展開が必須事項になってきます

 

人産業として、規模や立地(集客、求人のバランス)をよく考える必要があります。

 

経営を学ぶことに投資し、経営者として、職人として、バランスをしっかりとりましょう

 

 

 

 

独立する上で大切な事

どうでしょう??

 

あなたはどの独立パターンをお考えでしょうか??

 

ここで大切なのは、どの独立パターンでいくか

 

ではなく

 

独立した先に〇〇を勝ち取りたいから必然的にこの独立パターンでいく

 

という逆算思考。

 

ここが最も重要なポイントです

 

ここが整理できていない状態であれば独立を無闇に進めてはいけない…

 

現状の不安や不満から独立を志すのは悪い事ではないけれども

 

ビジョンを決めずに勇み足で独立に舵を切るのは危険な事です。

 

失敗しない為にも、まずは独立目的明確に決めましょう

 

 

独立セミナーお問い合わせフォーム