BLOGブログ

美容室 集客 成功の条件

美容室 独立 2020.07.26 223

独立、出店をする上で『集客』についてのノウハウも押さえておきたいところですよね
 
 
そもそも集客ってどれくらいすればいいかご存知でしょうか!?
 
 
集客の考えは『独立時の集客』と、『ある程度軌道に乗った場合の集客』とでは考え方が違ってきます。
 
 
今日はある程度顧客がいる前提での集客について書いていきたいと思います!
↓↓↓↓
 
 

100万売り上げ分の顧客様がいても
 
5%〜10%は自然失客します
 
(引越しや疾病等)
 
売り上げを維持または上げていきたいのであれば
 
自然失客分の新規率は最低限集客しないと衰退していきます(当然)
 
どういう事かと言うと
 
100万顧客売り上げ→常連失客10%で90万になる→新規売り上げ10万があれば→トータル売り上げ100万になり売り上げはキープできる
 
という事です。
 
 
ただ当然広告費はかかるので、顧客様の失客率が20%とかだともはやサロン経営は成り立ちません(売り上げが上がっても広告費も上がるので利益が出ません)
 
新規集客頼みのお店は資金が底をついてしまうので小規模サロンでは再来してもらわなければ成り立たないわけです。
 
 
逆に言えば、常連失客を5%〜10%に抑え
 
新規率を15〜20%とり
 
新規再来率を50%以上出していけば
 
総客数は必ず増えていきます。
 
100万顧客売り上げ→常連失客10%で90万になる→新規売り上げ20万→トータル売り上げ110万→更に前回の新規客の半分が乗ってくるので→トータル売り上げ115万〜120万。
 
 
という流れです。
 
 

ただこの考えは来店周期をセットで考えなければ意味がありません
半年周期の方の場合年間2回の来店回数ですからね。
 
 

そこで来店周期は2ヶ月で設定しましょう!
 

2ヶ月周期で適切な常連再来率、新規再来率が出せており
常連失客率よりも多い新規率が出せていれば売り上げは必ず上がっていきます!
 
 
て考えると、たまにSNS上で
 
 
新規再来率90%!ドヤァァ
 
常連最来率100%!!ドヤァァァァ!
 
とかって発信を見かけるのですが
数字上このサロンは店舗展開をガンガンしていないとおかしいんですよ
 
もし店舗展開してないのであればスタッフをあえて雇わないで断りのお客様がいっぱい出てるか、、
 
 
でも断り客が出るってことは再来率は下がるんですよ、、
 
 
そもそも展開する気がないならここのサロンはあまり集客をかけなくていいんですよ
 
 
それこそブログで月に2〜3人新規が来ればいいくらいの感じで
 
 
そうなると広告費もないので利益はかなり出ますよね
 
 
ただ健康リスクや生涯現場という制限はありますけど、、
 
 
 
 
 
と少し話はそれましたが、
美容室で集客を成功させるには
まずこれらの情報を整理しなければもそもそ戦う準備すら整わないわけです。
↓↓↓ まとめ
 
 
①展開していきたいのか?維持でいいのかを明確に決める
 
②常連失客を10%以内に収める
 
③ ①②を踏まえどれくらいの新規数が必要なのかを決める
 
④適切な広告媒体に広告費をかけ、お店の価値を発信する
 
 
こんな考えが必要となるわけです。
 
 
 
難しいですかね??
 
 
考え方さえ慣れちゃえば美容室経営ってシンプルで面白いですよ!!
 
 
そのあたりの情報も織り交ぜながら
『そこにしかない独立セミナー』開催しております。
 
 
失敗しない独立をする為にも、ぜひご参加くださいませ〜
 
 
 
 
 

『そこにしかない独立セミナー』お問い合わせフォーム

 

 

現在オンラインによるセミナーも開催しております。

 

 

通常参加費¥3,300ですが、

 

 

新型コロナウイルスの影響を踏まえてワンコイン¥500で実施しております。

 

 

□セミナーへの参加、日程確認はこちらからご応募ください。